煎茶を淹れるために使われているさまざまな道具

煎茶を淹れるために使われているさまざまな道具

煎茶を美味しく淹れるために使われている道具は数多く存在ます。茶道で使う場合は流派によって名前が違ったり、使用したりしなかったりするため複雑です。現代の一般家庭で使うものとしては、茶筒や急須、茶さじや茶碗などが基本的な道具です。 茶筒は湿気に弱い茶葉を保管しておくための、密閉性の高い筒状の容器のことです。良い状態を保つことで、美味しいお茶を長く楽しむことができます。茶さじは茶葉を量るためのスプーンで、ほかにも竹を二つに割った形の茶合などもあります。急須はティーポットのことで、茶葉を中に入れてお湯を注ぎ味を出します。 玉露などを入れる時は、お湯を低温にするための湯さましと呼ばれる専用の器が用いられます。お茶は小ぶりな茶碗に注がれ、茶托の上に置かれます。茶托は茶碗の下に敷くのに使われ、コースターの役割を持ちます。気軽に煎茶を楽しむ場合は、茶托は使用せず筒状で容量の多い湯呑みが使われることもあります。

煎茶の旨味を引き出すには陶器や磁器の急須がお勧め

急須は茶葉からお茶を抽出するために必須の道具ですが、形状や種類は多岐にわたっています。選ぶ時に迷う方も多いのではないでしょうか。まず大きさですが、熱湯で一気に旨味を引き出す番茶やほうじ茶などには大きめの物が、低温でじっくりと旨味を引き出す煎茶や玉露などには小さめの物が適しています。 煎茶をいただく場合、陶器や磁器で作られた物がお勧めです。吸水性に優れ、お茶から出たアクを程良く取り除いてくれます。陶器は磁器よりも吸水性の面で優れています。磁器は吸水性は低めですが、茶葉本来のストレートな味わいを引き出してくれます。まろやかさを味わいたいなら陶器、茶葉本来の旨味を味わいたいなら磁器がお勧めです。 最後に、ティーポットとの違いにも触れておきます。代わりにティーポットを使ってもいいのではとお考えの方も多いと思います。確かにどちらも構造は似ていますが、一般的に急須はティーポットより小さめです。理由は日本茶の特色にあります。日本茶は時間とともに茶葉から渋味が抽出されるため、保存には向いていません。一度入れたお茶は短時間にすべて出しきるという観点から、小さめに設計されているわけです。

あに関する情報サイト
初心者のための煎茶の情報サイト

煎茶は香りや旨味、苦味や渋味のバランスが楽しめる飲み物です。品種や産地の違いによっても香りや風味は変わってきます。香りを楽しんだり旨味を堪能したり色を目で楽しんだり、気分やシーンによってお茶の種類や入れ方を変えるのも楽しみのひとつです。このサイトでは、初心者の方でもおいしく飲むための情報をまとめています。選び方に始まり、それぞれの種類に応じたお湯の温度や抽出時間、急須などの道具、湯呑みへの注ぎ方などもわかりやすく紹介しています。

Search